モノ選びにはお金か時間をかけないといけない話

 モノを買う基準って、人それぞれあると思います。職業柄、仕事においてモノを買う基準というのはけっこう明確に持っているつもりなのですが、自分のモノとなるとこれが案外適当でして、「ビビッときたら」という他人に対して説明しようのない理由だったりします。

 自分の興味や関心がある分野、それこそ洋服なんかでは上記基準でもあまり失敗しない気がするのですが、自分の守備範囲から外れると途端にガタクタが家に鎮座することになるのが常。この現象、自分なりにどうしたらいいかと思っていまして、どこかで見たのか言われたのかは失念しましたが、あくまで私的なモノ選びに関して言えばタイトルが金言だなと思った次第。

 

値段が高いモノ=良いモノ?

 興味が無い、または詳しい知識を持たないモノに対して、なんだかんだ一番信頼できるのが「価格」というのは、ある意味ではとっても恵まれた環境だと思います。今や何でも情報が手に入ってしまうので、商品を売る側が不当な値付けをしていたら誰も買ってくれない世の中ですし。旬でおいしい物が安い野菜のように、時価が存在するモノには注意が必要ですが、基本、迷ったら高い方を選ぶというのは、あながち筋が悪い話ではないのではないでしょうか。結果的に長く使ったり、身近に置いているモノは、絶対値としてお金をかけたモノであるのは良くある話ですよね。

 先日、電気屋さんで電気シェーバーを買おうと売り場に行ったものの、種類が多すぎて途方に暮れた結果、ええい!と最上位のモノを買ったところ、感動しました。いままで使っていたのは何だったのかと。もし、今使っているモノに拘りの無い方は、試しにお金出してみてください。もっと早く高いの買っておけば良かったとなります、絶対。

 

時間をかけるのはどんな時か?

 身も蓋もないのですが、お金が無い時。モノを選ぶのに、お金も時間もある状態というのは意外にそうあるものではなく、仮にそうなった時には物欲が無くなるのが人間不思議。多くの人がそうだと思うのですが、若い時というのは、欲しいモノは無限にあるのに基本的にお金が無い。しかし、時間はある。絶対値が高いモノでなくても、「費用対効果」が高い良いモノは存在するので、こういう時は納得するまで調べたり、実際に見て回ったりして、その時のベストを探し出すという経験は審美眼を養う意味でもすごく大事だと思います。お金の時と同様、そうやって出会ったモノはその後長くお世話なる場合が多い。

 あとは、自分に合う合わないがハッキリ分かれるような、アートが入り込む余地のあるモノは時間が大事になってきますよね。ファッションの世界もある程度はちゃんと値段とモノのクオリティは比例していると思いますが、その人にフィットするかは全く別の問題なわけですから、ここは頑張って時間をかける必要があると言えます。逆に、さぼらずに、時間さえかければ誰でも良いモノに巡り合えるのがファッションの魅力でしょう。

 

愛情はお金と時間で量れる?

 モノを選ぶ場面は数あれど、お金か時間をかけなければいけない最たるモノはプレゼントだと思っています。

 社会人になりたての頃、お世話になっていた人生の大先輩である女性の方が「女性に対する愛情の多寡は、プレゼントの値段に比例する。」と言い切っておりまして、その当時の僕は「そんな…」と思った記憶があります。でも、今思えば真理だなと。やっぱり喜んでもらおうと思ったら、自然と良いモノをあげたいと思うはずで、そういうものは残念ながらお高いのです。

 また、その人にとって何が一番喜ばれるのか、どんなモノがいいのかというのは、大事に想っているほど迷いますよね。ベストと思えるものが見つかるまで探すだろうし、もし無いのであれば作ってしまおうとまでなるわけです。たとえお金が無くても、その人にとってのベストを自分の時間を最大限使って選ぶというのは、立派なプレゼントに成り得るはずです。

 まあ、「どっちも妥協せずよろしく」という女性の声が圧倒的かと思いますので、世の男性の皆様、がんばりましょう。

 

【本日のお仕事の話】

f:id:hynm_studious:20140519030026j:plain

 めちゃくちゃ渋い、イケてるコラボ。一見の価値ありです。

 

それでは、また。