スポーツ×ファッションを斜め後ろから見た話

 気が付けば桜が咲く季節。。完全にご無沙汰となってしまっていた当ブログでございますが、本日よりひっそりと再開。わたくし舟橋含め、弊社バイヤー陣が交代でちょこちょこと更新するスタイルになりましたので、以後お見知りおきを。

 さて、自分はというと懲りずに思うままに筆を走らせる所存ですので、本日は「スポーツ×ファッション」という世間的にもホットな話題を、いまいち乗り遅れた感のある筆者が後方から斜に構えて見た備忘録。

 

生涯スポーツ」と「競技スポーツ」

  ここ最近のスポーツのファッションへの食い込み具合には、もはやブームではない、世の中の大きな潮流ですね。これまで音楽などの強力な触媒を利用してファッションはスポーツとの距離を縮めていたのが、いよいよスポーツそのものが直接的にファッションと結びつき始めているのは凄い変化です。

 個人的にスポーツはするのも観るのも大好きですし、ファッションビジネスの末席を汚す身としまして、どうにかこのビッグトレンドにあやかれないかとよくよく観察しておった折、ふと思いました。ファッションに取り入れるスポーツを「生涯スポーツ」と「競技スポーツ」に分けて考えてみては、と。前者はランニングやヨガのような生活の中で無理なく取り入れる「健康を増進する」目的で、後者はサッカーやバスケなど「記録や勝敗を極限まで追求する」目的だとざっくり定義。

 どうやら「生涯スポーツ」はファッションとすごく相性がいい。求められる機能性も限定的だし、あくまで日常の一部なのでデザインが入り込む余白がたくさんある。そういう意味ではスニーカーブームを中心としたこっちがスポーツ×ファッションの主役です。一方の「競技スポーツ」とファッションはなかなか一筋縄ではいきません。なんてったって、命削って勝負している世界ですから、日常とは切り離され、ファッションというある意味で軟派な世界に持ち込んだ瞬間、陳腐に見えてしまいます。奴らはガチなのです。

 ここで若干乗り遅れている僕はしょうがないので、競技スポーツ×ファッションというジャンルに活路を見出そうとあれこれ考えてみました。 

 

競技スポーツがファッションに成り得る条件

 競技スポーツとファッションの相性が相対的にあまり良くないとはいえ、成功している例はありますよね。バスケの「AIR JORDAN」、テニスの「STANSMITH」、野球の「NEW ERA」なんかは最近でも話題を振りまいています。では、どんな条件を満たした競技スポーツがファッションになり得るのか、以下仮説。

 

①競技人口

ある一定の水準を超えない限り、市場が存在しない。目安は1000万人くらい?

②ユニフォーム規定

ルールの中にも個人やチームである程度の自由度がある。

③プロリーグや大きな大会が存在する

世界の目が一斉に集まる舞台装置が必要。放映大事。

④圧倒的スター(できればお洒落)がプレー中に使用

実力のあるスターがプレーで使用=商品価値の担保

⑤ルールを改変した「お手軽版」が存在する

プレイヤー体験維持。サッカーのフットサル、バスケの3on3、野球の軟式 etc..

 

 全くの思いつきで挙げるとこんな感じでしょうか。(ここら辺はスポーツメーカーのプロの方にお任せいたします、、)やはり自由度が高く取り入れやすい服飾雑貨が目立つ印象です。そんな中、カリスマも使わず、架空のチームという設定でトータルでのウエア提案をしっかりファッションに昇華している【F.C.R.B】は、やはり凄いと実感。。あとは、JAY-Zのスポーツエージェント業に密かに注目していますが、どうなっていくのか… 

 

競技スポーツ×ファッションの大穴

 上記条件を完璧に満たさないまでも、個人的に競技スポーツ×ファッションで大穴だと思っているのが「フィッシング=釣り」。アメリカを中心にキャッチ&リリースを基本とするスポーツフィッシングの競技人口は十分で、プロリーグもしっかり整っています。また、女性の愛好者が増えているのも見逃せません。何を隠そう、僕も少年時代からバスフィッシングに嵌ったクチで、僕ら世代のカリスマ「ミラクル・ジム」こと村田基さんにどれだけ影響を受けたでしょうか。

 元々は狩猟活動なわけですから、「ハンティング」という大きなファッションジャンルに分類されがちですが、スポーツとして再定義された釣りはもっと洗練されたスマートなもの。…のはずが、正直ファッションとしては非常にマズい現状なので、けっこうビジネスチャンスがありそうです。まずは、チャリ×ファッションくらいを目指してカッコいいの作りたいな…

 ふと見返したら前回(と言っても1年くらい前)でスポーツの話してました。。とにかく、スポーツ×ファッション、凄くワクワクする新しい流れなので、みんなで引き続き盛り上げていきたいです。

 

【本日のお仕事の話】

f:id:hynm_studious:20150328045921j:plain

  新業態「UNITED TOKYO」の大阪店が4/2オープンです。ご期待ください。

 

それでは、また。