STUDIOUS INDIAN JEWELRY COLLECTION ~Varde77 ONE OFF~

皆さん、こんにちは。

 

2nd原宿店の中村です。

 

いよいよ、今週末から始まります。

 

f:id:hynm_studious:20150520142743j:plain

 

STUDIOUS INDIAN JEWELRY COLLECTION ~Varde77 ONE OFF~

 

期間:5月23日(土曜日)~5月31日(日曜日) @STUDIOUS2nd原宿店

 

先週から告知していましたイベントがついに今週から始まります。

 

2nd原宿店でお取り扱いのあるVarde77の「ONE-OFF」というインディアンジュエリーのラインを期間限定で販売致します。

 

インディアンジュエリーとは

 

アメリカ南西部(サウスウェスト)のアリゾナ州ニューメキシコ州に保有地を持ち、19の部族に分かれて生活しているプエブロによって作られたジュエリーをインディアンジュエリーと呼びます。

 

現状、日本でインディアンジュエリーを作ることはほぼ不可能です。

 

その理由としてはジュエリーを作る際のパーツが入手できないというところ。

 

インディアンジュエリーの象徴とも呼べるあの装飾は実はひとつひとつパーツが必要なのです。(クッキーの型の様なイメージでしょうか。)

 

ではいったいどのようにしてこの「ONE-OFF」のシリーズを作り上げたのか。

 

MADE IN JAPANのインディアンジュエリー

 

元々の背景としてVarde77のデザイナーの宮田氏自身が近年インディアンジュエリーのセレクトを強めているところにありました。

 

そして自分自身でもアメリカンジュエリーを作りたいという思いが芽生えたそうです。

 

簡単にインディアンジュエリーを作るには、現地に行きデザインだけを頼み、Wネームという形が一番の近道らしいです。

 

ただそうしてしまうとデメリットとして値段が高くなる・量産のためデザインが被るということがありました。

 

宮田氏は値段を抑え・一点モノに拘りたかったそうで。

 

まさに男の我侭ですね。笑

 

それを実現させるために宮田氏が自らアメリカに行き、様々な地域を回り、多くの人々と交流をし知識とパーツを集めたという経緯のもと、この「ONE-OFF」がスタートしました。

 

そのパーツと技術を日本に持ち帰り、職人に教え実現した''メイドインジャパンのインディアンジュエリー’’です。

 

全てがハンドメイド、1点モノ。

 

この「ONE-OFF」のシリーズは全てがハンドメイドの1点モノになっています。

 

つまり同じデザインは1つとしてありません。

 

その証として全てのアイテムに画像の様にシリアルナンバーが刻印されています。

 

f:id:hynm_studious:20150520180733j:plain

 

またこの期間中に「ONEーOFF」シリーズをお買上げのお客様には無料で刻印を致します。

 

指輪は…イニシャルor数字4桁

 

バングルは…イニシャルorフルネームor数字4桁

 

さらに5万円以上お買上げのお客様には限定のレザーケースをプレゼント致します。

 

この機会に是非、自分だけのアクセサリーを見つけませんか?

 

Varde77のHPで詳細も記載されているのでこちらも要チェック。

 

http://miyatahiroyuki.blogspot.jp/2014/10/one-off121.html

 

今週は以上。

 

また来週。

 

instagram.com